新型コロナ⑬

みなさんこんにちは。
岸和田市別所町のさかもと内科クリニックです。
当院ではお子様からご長寿まで幅広くプライマリケアを実践させて頂いておりますので、
内科・小児科、何れの方でも受診していただけます。

琉球新報 Web版に下記の記事が掲載されていました。

新型コロナのPCR検査、誰でも受けられるようになるの? 検査の疑問に感染症医が答えます
2020年3月6日 13:07

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1085774.html

この記事は、沖縄県立中部病院感染症内科・地域ケア科の高山義浩医師のフェイスブック投稿を転載したものとのこと。※投稿は3月5日夜。その時点での情報に基づいています。

導入部分の一部を抜粋してみます。

「新型コロナウイルスの診断に用いられるPCR検査について、3月6日から保険適用となります。いままでは保健所の適用判断による行政検査のみでしたが、今後は医療機関の医師が必要と判断すれば、保健所を介さずに検査できるようになります。

ただし、どこの医療機関でも検査を実施してくれるわけではなく、全国に844ある「帰国者・接触者外来」を中心に、都道府県が指定する医療機関のみで実施されます。このこと、総理すら理解されていなかった節があり、明日以降、医療現場で混乱があるかもしれません。」

以下、このPCR検査と今後の医療体制について、Q&A方式で解説されています。

問1 PCR検査の精度はどのぐらいですか?
問2 なぜ、保健所による行政検査は制限されていたのですか?
問3 3月6日からは、検査を受けたい人なら誰でも受けられるのですか?
問4 なぜ、一般のクリニックでは検査をしてくれないのですか?
問5 軽症でも検査で診断すれば、外出自粛などの予防につながるのでは?
問6 とはいえ、診断してもらった方が安心なのですが?
問7 軽症のうちに診断した方が重症化が予防できるのでは?

アクセスしてみて下さい。

琉球新報

https://ryukyushimpo.jp/

該当記事

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1085774.html

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です